アパタイト

アパタイト 天然石の写真

アパタイト

アパタイトという名前はギリシア語の「apate」(惑わす)を意味する言葉が由来となっています。アパタイトは様々な色や結晶構成で産出されるので、アクアマリンやフローライト、トルマリンなど、色んな石と間違われたためにこの名が付いたといわれています。

アパタイトは古代より、信頼・自信・調和を象徴する鉱物として伝えられてきました。固定概念や周囲を取り巻く環境などに惑わされる事なく、心のまま素直に自己を主張できるようになり、徐々に自信を取り戻して、自分らしい自分に還っていくことをサポートしてくれるといわれています。

またトルマリンの100倍のマイナスイオンを出すということで最近でとても注目を集めているパワーストーンです。